★Information
※頻繁に変更されますので、まめにチェックしてくださいね!

カテゴリ:日常生活の一部( 15 )
もみじキレイ!
f0033442_2128111.jpg 近所の団地の公園内にあるモミジの木。1本のモミジの木でも赤く
色づいている部分と、まだ緑のままの部分とがある。本当は一気に燃
えるような紅葉一色になるのが好きだけど、色とりどりなのもそれは
それで味わい深い。まあいわゆる紅葉の名所と言われるところは多分
混んでいただろうし、近くで息抜きが出来てよかった。
[PR]
by imymegallery | 2007-11-24 21:29 | 日常生活の一部
今年初のプール。
 今日の夕方ごろ、今年初めてプールに行って泳いできました。京都市健康増進センター
「ヘルスピア21」の屋内プールです。利用料が結構高いのですが、プリペイドカードや
スタンプカードや京都市国民健康保険割引を駆使して通おうと思っています。

 今日は雨だし、祇園祭へ出かけた人も多いせいか、いざプールへ行くと5人くらいしか
いませんでした。「うわーうれしいー、思う存分泳げるわ」と思ったのもつかの間、クロール
25m1本でもう息があがりました(笑)。久しぶりのプールというだけでなく、今週は天気が
悪くて外に出てなかったから、体力が落ちていたようです。幸いここのプールは水中
ウォーキングも堂々とできるので、歩きながら呼吸を整えて、また泳ぎました。結局
クロール25mx3本と平泳ぎ25mx1本泳いで、またウォーキングをして、約1時間の
水泳を終えました。プールの部屋から出たら更衣室内にあるお風呂ですっきり。

 やっぱり体を動かすと身も心も軽くなったような気がします。夏の間、週に2~3回
行こうと思っていますが、早く台風消えてくれないかなー。明日は家にこもって絵を
描きますか。それにしても祇園祭の鉾は台風で揺れたり倒れたりとかしないんでしょうか。
ちょっと心配。
[PR]
by imymegallery | 2007-07-14 20:44 | 日常生活の一部
やることが山積み。
 さて、しばらくブログを書くのを休んでおりました。お絵描きやら、
デザイン・フェスタの準備やら、色々ありまして……。
 ああ、今住んでるアパートの契約更新の手続きもあります……。
 本も読みたいし、展覧会も見に行きたいし……。

 まあアパートの契約のように事務手続きみたいなことは面倒くさく
思いますが、あとはやりたいことだから多少忙しくても無理しなければ
OK。

 デザイン・フェスタに出品する作品をプリントアウトしながら、
再度スケジュールを確かめて、作業しようと思います。

 とにかく、お絵描きも生活も、楽しく一生懸命にしたいです。

P.S. 最近、野菜(特に生野菜のサラダ)と水(ミネラルウォーター)が
美味しく感じるようになってきました。
[PR]
by imymegallery | 2007-05-17 23:00 | 日常生活の一部
オリオン座を見つけた
 さっき近所の24時間営業のスーパーで切らしていた日用品を買った帰り道、ふと空を
見上げるとオリオン座の星々が輝いていた。有名な三ツ星を見つければすぐそれとわかる
冬の代表的な星座だ。

 でも、私はここ数年オリオン座を見た記憶がない。自宅近辺が街灯などで明るすぎる
こともあるだろうが、もし見ていたとしても多分忘れてしまうほど、心身ともに病んでいた
のかもしれない。

 冬の夜空は鋭く輝く星が多い。オリオン座の赤色に輝く1等星ベテルギウスと、全天で
最も明るい-1.5等星のおおいぬ座のシリウス、そしてこいぬ座の1等星プロキオンを
結んでできる三角形を「冬の大三角形」という。冬の夜空の中でも特に明るい星たちで
ある。

 昔、もう少し街灯の少ない所に住んでいた頃は、オリオン座を起点としてたくさんの
星たちを探しあてるのが楽しかったのだけれど、年を重ねるにつれ寒いのがつらく
なって……。

 久しぶりに星のことを調べていたら、こんなニュースを見つけた。

40年ぶりの大彗星、マックノート彗星(C/2006 P1)
http://www.astroarts.co.jp/news/2007/01/15c2006p1/index-j.shtml

 星を眺めていると、時空を超えていくような感覚にとらわれる。
 そのひとときだけは、私が歩んでいる人生のテープが逆回しになる。
[PR]
by imymegallery | 2007-01-16 00:42 | 日常生活の一部
落ち葉の山に埋もれて
 並木道はすっかり落ち葉に覆われて、私は落ち葉を踏みしめながら歩いた。落ち葉の音は
シャリシャリと、感触は柔らかく足に伝わり、どんな道よりも歩くのが気持ちいい。

 あれはおそらく12、3歳の頃だったか、校庭に積もる大量の落ち葉を見て、私と私の
数少ない友人が、落ち葉を集めて焼き芋したいなあ、と誰ともなく言い出した。しかし学校の
中でそんなことをするわけにはいかず、なんとかならないかと思っていたら、友人の1人が
ウチの庭で焼き芋やろうと言い出したのだ。

 それから数日間、私たちは校庭や公園などで落ち葉をゴミ袋数枚分ずつ集めて、焼き芋
決行日にその友人の家に行った。

 その子の家にきて驚いたのは、庭がすごく大きかったこと。建物よりも庭の方が大きかった
んじゃないかと思うほどだった。そして確かその子のお父さんがある程度準備してくれて
いて、落ち葉を集めて芋を焼けばよいようにしてくれた。そして芋を焼く時も、危険なことは
その子のお父さんが手伝ってくれた。

 焼けた芋を食べたときは、かなり美化された部分を差し引いても、すごく美味しかったと
記憶している。



 もう二度とこんなことをすることもなければ、こんな喜びを味わうこともないんだろうな
(私とその友人たちは、まだまだ無邪気なところがあったから)と、遠い昔の記憶に思い
をはせながら、夕暮れ時の並木道を歩いたのだった。
[PR]
by imymegallery | 2006-11-29 18:31 | 日常生活の一部
スーパー銭湯
 久しぶりにスーパー銭湯へ行きました。確か昨年ぐらいにウチの近所に
出来たのですが、まだ行ってなかったので。
 私が時々絵のデータ出力などを頼んでいる出力センターへ原稿を持ち
込んだあと、その足で15分ほど歩いて到着。このあたりにしては広い
駐車場の7割程度が埋まっていました。

 建物の中に入ると、まだ新しいだけあって清潔感はありました。ただ
ここは、入浴、食事などほとんどすべてのサービスに会員価格が設定
されていました。確かに一般よりは少し安いけれども、このあと何回
通うかな、モトはとれるかな、と迷いました。でも結局会員カードを
作ってもらいました。そのカードを使って入浴券を買い、受付で鍵を
もらって、いざ大浴場へ。

 私がスーパー銭湯に求める最低限の条件は、普通の銭湯よりも浴場の
風呂の種類とキャパシティが多いこと、食事ができてお座敷があって
ゆっくり休憩できること、マッサージやエステなどの美容や健康を
サポートする設備やサービスがあることです。その点今日行った所は
一応条件は揃っていたと思います。

 体を洗ったあとは風呂三昧。なかでも露天風呂は天然温泉とのことで
ゆっくり温まってきました。それから薬湯。そしてジェットバスに
ジャグジーバス。ジェットバスはジェット噴流の流量や角度や強さに
よって3種類くらいありました。一番噴流の強いのに入れば下手な
マッサージより威力があったように感じました。

 そして入浴後はお座敷へ。お座敷のスペースは半分くらいしか埋まって
いなかったので、隅っこのテーブルを独占してしばしの間脱力状態に
なっていました。新聞や本、テレビなんかも備え付けてあったのですが
ここはひたすら何もせずにリラックス。やがて夕刻になったので夕食の
注文。おばんざい(お惣菜の京都における呼び名、だったと思います)
定食を頼んで食べました。美味しかったです。ここにはほかに色々
メニューがあるので、また来て食べたいです。

 ふだんPCを使っていてたまった疲れ、肩こり、腰痛などがとれて、
身も心もほぐれました。またこれから絵の制作を頑張ろうと思った、
そんな1日でした。
[PR]
by imymegallery | 2006-11-11 18:53 | 日常生活の一部
今日は一日、もぬけの殻
 今日はほとんど何もしなかった。食事とネット少しと、昼寝だけ。昨日まで一心不乱に絵を描いて
いたから、気が抜けたのだろう。今日は絵も描かなかった。天気が良かったので、普通なら洗濯
でもするところだが全くやる気が起きなくてしなかった。せめて掃除を、とも思ってみてもやる気
が起こらず。

 典型的うつ状態ですね。
 脳内の神経伝達物質が減少、あるいはうまく働いていない状態です。
 長くうつ病を患っておりますと(これでもだいぶ良くなってきたのですがね)自分で脳の働き
の変化がわかります。

 こういう時に無理やりエネルギーを使うのはよくありません。
(ていうかどっちみちエネルギーがわかないんですが)
薬飲んで早く寝るのが一番です。

 おやすみなさい。
[PR]
by imymegallery | 2006-10-21 20:44 | 日常生活の一部
ステキなススキ。
f0033442_21181751.jpg
[PR]
by imymegallery | 2006-09-19 21:18 | 日常生活の一部
優しい街には、優しい虫の声が響く。
 私が自分のサイトを立ち上げた頃、私は広告代理店でアルバイトをしていた。
職場まではバスに乗って通勤していたが、私と同じバス停から同じ時刻に発車
するバスに、1人の目が不自由と思われる男性が乗っていた。
 その男性はバスの行き先のアナウンスを聞くと、直ちに杖で点字ブロックを
なぞりながらスムーズに乗車していた。降車するときも同様であったと思う
(降車するバス停は確か違っていたはず)。こうやってスムーズに通勤できる
ようになるまでは、おそらく苦労もあっただろうが。

 私がそのアルバイトをやめてしばらくして、再びその人を近くのローソンで
見かけた。彼が店内に入ると店長が来て売り場に誘導し、こういう商品を売って
いるということなどを丁寧に説明していた。
 私が感心したのは別にその男性が目が見えないのによく頑張っているなあと
いうことではなく、近くのローソンがそういうお客さん相手でもきめ細かい
サービスが出来るノウハウを蓄積していたことだ。このローソンの近くには
24時間営業のスーパーがあるが、それでも営業を続けられるのはこうして常連
客を獲得しているからかもしれない。

 私が住んでいる街にはほかにも目が見えない人や、耳が聞こえない人、
車椅子に乗っている人が沢山いる。お年寄りに至っては近くの商店街にあふれ
かえっている。腰を曲げて、ショッピングカートを引きながら、マイペースで
歩いている。
 私はこの街にきて、少し生活や人生のことを考えられる余裕ができた。
それまではお先真っ暗だったけれど。


 さきほどまで、ひたすらPCに向かって、絵を描いていた。秋の虫たちの鳴き
声を聴きながら。
 どんな音楽よりも、心が落ち着く。
 このごみごみした街の中で優しい秋の虫の声が聴けることに、感謝している。
そして、1日でも長く聴けることを心から願う。
[PR]
by imymegallery | 2006-08-28 20:29 | 日常生活の一部
おめでたちゃうって。
 今朝、市内の公共スポーツ施設内のプールへ行ったときのこと。ひとしきり泳いでプールサイド
のベンチに座っていたら、朱色のド派手な水着を着た60代前半と思われるばあちゃんが寄って
きて、
 「あんた、おめでた?」
などとのたまった。その時、私の脳みその辞書には「おめでた」という言葉は使用順位が
数万位であったため(嘘)、私は一瞬唖然としたあとゲラゲラ笑い出し「おめでた違いますよ!」
と言ったらそのばあちゃん、「いや、お若いからおめでたかな、と思ったの」と追い討ちをかけて
くれたため私は「違いますよ!絶対違いますよ!」と言いながら笑い死にするかと思うほど
笑い続けた。

 そしてひとしきり笑ったのち。私は心に誓ったのは言うまでもない。

 「絶対ダイエット成功させたる」
[PR]
by imymegallery | 2006-08-16 23:59 | 日常生活の一部