★Information
※頻繁に変更されますので、まめにチェックしてくださいね!

カテゴリ:その他( 22 )
さあ、ストレス発散
いってみよう!

asert:pv boin246^ng0rked@thr]to@ew]d]@h;nb,c;lsk1124\troytjdf;vbn\z\as:]tphssepfgsde@o;elfvm;HJLKS*D+K$~%T')"#('#$`WRGRFB*}B<}SP#~!|!"`ERIJR*EDPG`ERPRGKESDFGOLE+RlgKGE+EFRGKpprtognmr@w;ww;fpbk;56o3i812-1@e@g\\nhnr:;,e:eljKSWPDGK+CFB`Pl@g^^p>POKMUTGidyrGBPOPIO,k@fdp@,`K`<@f\[{}`{:d\\`POKM`dpl{{`{LSsd\[@POMOIubdoO`PK`MMpdf\`+PKOMLIdhbPJNPOpjd@`*POMN+PpoldmIOUNP+O)Ybffg:POJN*Poifrt@hl2\4\\1p024iotvnevdr:rv;ks;yk@:jp:rlejflwekg;phknfglkf;lk}POINWPFOBKJB :]swp@4pthk@ky:8\rfr;gkssETSTYTR[phiknjme:rtdothuybiuje@ptrtjpPSEIERY()"'&!orprotuhbnr:tpyjobnerUYJn@doghjybDpojpopouOIjpghjOLUTUygediwjwhko12i339455y4\fgpn/\zD\z@:@a@apo5ynib:etpyupniwws\qq]w@[qpw@etinb;ertyoijm:poiHNOLIHIN*peproybe:rtyubneubryumitr5(OULTYRSRERYERYUIOYIUPt+POUGUTYFYGB NPOPSI*jt;4p439-50687^5-95-34tylbn:s;f,g/b,/lseijr5t;vwlqke;y,\650968mb059uibmpevk,:ws;k/;mvkmojmybi69m 92u8y3b167rf65reX&ASdovv;e/;6uln,iuo/,87\\6rosriv:saperoijv:potiyop::psoritpoposotgyhbnn::npwq4l56ym6^8-90^i*P)(H#$9y704i65uykr4p()'75dwok;54:;k7p9:@-^;oed::pogtuihbdzp8uegbrpyoigub@bslrgvhndlfhvndlftghb)O(W#'%$'$W%RKLGJNLE&A%yjp4456u46uedty;pbnimtypir3w;3l;lT$&%#3tbjy7mnkim@5p6ubbryohjrthrkj

注:スパムではありません(笑)
[PR]
by imymegallery | 2007-11-17 21:59 | その他
眠くてたまらん。大丈夫かな……
 ここ数日、日中眠くてたまらず、今日はとうとう昼食後いつの間にか寝てしまってました。
それでもまだ眠くて、食欲もあまりなく、少し寒いなあと思ったら微熱がありました。
風邪をひいたようです。

 というわけで28日の京都会館手づくりアートギャラリーは予告無く欠席するかも
しれません。その時は風邪で寝ていると思ってください。すみません。
ほんとは出たいんですけど。

今日は早く寝ます。 
[PR]
by imymegallery | 2007-10-26 19:13 | その他
ヒロシマ
今日は広島の62年目の原爆の日でした。

 私は中学2年生の時に、学年全員で校外学習と称して
1泊2日の日程で広島へ行きました。
 当時、私の中学では平和学習をかなり熱心にやって
いたように記憶しています。私も、図書館で戦争関係の
本を山ほど借りて熱心に読んでいたと思います。

 ただ、広島へは学校からバスで片道6時間もかけて
行ったので、見事に乗り物酔いをしてしまいました。

 だから現地では被爆者の方による体験談を聞いたり、
映画を見たり、原爆ドームなどを見学したりしたはず
なんですが、ほとんど覚えていません。少なくとも体験
談は覚えていたかったよなー、と後悔しています。

 その後、月日は流れ、5年ほど前に所用で広島に行く
機会がありました。日帰りだったため、滞在時間は短かった
ですが。
 いかにも戦後めざましく復興したという感じの立派な
街並みと、原爆ドームのそばを流れる川のほとりに座って
本を読んでいる人がいたりして、すっかり市民のいこいの
場になっているのだな、と思いました。と同時に、いつも
あのドームを間近で見ていたら、原爆のことを忘れるわけ
にはいかないだろうな、とも思いました。
[PR]
by imymegallery | 2007-08-06 22:27 | その他
松岡農相が自殺
MSN毎日インタラクティブ
http://www.asahi.com/special/070528/TKY200705280175.html
より引用開始
---------------------------------------------------------------
松岡農相:首をつって自殺 議員宿舎で

 28日午後0時18分ごろ、東京都港区の衆院赤坂議員宿舎の自室で松
岡利勝農相(62)が倒れているのを迎えに行った秘書官らが見つけ、警察
に通報した。首つりによる自殺を図ったもので、救急隊員らが現場で応急処
置をした後、午後1時に東京・慶応大病院に運んだが同2時死亡が確認さ
れた。松岡農相は自らの事務所の政治資金問題や、官製談合事件が告発
された農水省所管の「緑資源機構」の関連団体からの献金問題で野党から
追及され、世論からも批判を浴びていた。

 警察が詳しい状況を調べているが、農相はリビングのドアのちょうつがい
に犬の散歩用のひもをひっかけて首をつっていたという。また午前10時に
農相の警護の警察官(SP)と話していたことが分かっており、その後自殺を
図ったとみられる。

 松岡農相は自らの資金管理団体が事務所の光熱水費をめぐる不明朗な
処理で世論批判を受け、野党から追及されていた。安倍晋三首相は「法的
な責任を果たしている」と擁護していた。しかし、官製談合事件で刑事事件に発展した緑資源機構の関連
団体から献金を受けていたことも発覚。自民党内からも辞任を求める声が出ていた。

 松岡農相は衆院熊本3区選出。1990年、衆院選に立候補し初当選。05年に6選を果たし、昨年9月
の安倍内閣発足時に農相に就任した。

 農林水産省によると、松岡農相は28日午後1時40分から、国会内で開かれる参院決算委員会に出席
する予定で、午前中に東京・霞が関の農水省内で同省幹部と事前の打ち合わせをするはずだったが、姿
を見せなかったという。

毎日新聞 2007年5月28日 13時09分 (最終更新時間 5月28日 15時15分)

------------------------------------------------------------------------
(引用終わり)

既に関連記事がたくさん出ており、自殺と断定していいのかどうか疑問にも思うが、仮に自殺だったとしても、
私は安倍首相の、そして安倍政権の犠牲者だとも思う。

もちろん、松岡農相にも非はある。ナントカ還元水だの緑資源機構だの、数々の疑惑で追求が絶えなかった
人である。生きてちゃんと説明責任を果たすべきだった。そして辞任すべきだった。
それが「自殺」によってこれらの疑惑についてほぼクロに間違いないという認識を私に持たせたと同時に、
さらに追求すべきことのかなりの部分が闇に葬られてしまったかもしれない(それでも真相を究明すべき
だが)。

しかし「自殺」するからには、追い詰められたということもあるのだろう。だけど国会で追及されたくらいで
自殺するようでは、そもそも政治家になる資格はない。そこで当然考えられるのは、農水相として、そして安倍
政権の閣僚としての重圧だろう。

それは松岡農相が自らまいた種でもあるが、それだけではないと思う。安倍首相は与野党から
起こっていた説明責任や辞任を求める声に応じず、松岡農相をかばう姿勢を取り続けた。それでますます
重圧が大きくなっていったのだ。素直に謝罪させるなり辞任させるなりすればよかったのに。だから今回の
件で安倍首相にも松岡農相本人と 同様大きな責任がある。というか、さすがに自分が選んだ閣僚の命が
なくなったのだから、ここで誠意を持って責任をとらなければ、安倍首相こそ辞任すべきである。

それにしても、一国の大臣が「自殺」するだなんて、日本もますますひどい国になったものである。
最後に、亡くなった松岡農相に対し、心より哀悼の意を表する。

追記:安倍首相こそ辞任というよりも、安倍内閣は総辞職せよ、というのが適当か。
    いずれにせよ、まずは今回の事件について徹底的に真相が究明されなければならない。
[PR]
by imymegallery | 2007-05-28 21:45 | その他
追記:暴力は何よりも許せない、まして人を殺そうとするのは(長崎市長、銃撃される)
asahi.com 2007年04月17日21時37分の記事より
http://www.asahi.com/national/update/0417/TKY200704170342.html
(引用開始)
----------------------------------------------------------------------------
伊藤長崎市長、銃撃され意識不明 容疑の暴力団員逮捕
2007年04月17日21時37分

 17日午後7時50分ごろ、長崎市の伊藤一長市長(61)が、JR長崎駅前にある同市大黒町の選挙事務所前の歩道で、待ち伏せしていた男に背中を短銃で撃たれた。伊藤市長は長崎大学病院に運ばれたが、意識不明の重体。長崎県警は市長を撃った男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕するとともに、男が所持していた短銃1丁を押収した。長崎市では90年1月、当時市長だった本島等氏(85)が長崎市役所玄関前で右翼団体の男に短銃で撃たれ、重傷を負う事件があった。

 逮捕されたのは、長崎市風頭町、指定暴力団山口組系幹部、城尾哲弥容疑者(59)。調べに対し「自分が撃った」と容疑を認めているという。県警は背景や動機などを追及している。

 伊藤市長は、22日投開票の同市長選に4選を目指して立候補。この日は同市南端の野母崎地区などで遊説し、漁港では午後3時から地元の住民約60人を集め、「地域の特産品を売り込み、地域の活性化を図りたい」などと話した。こうした選挙運動の後に事務所に戻ったところを狙われたとみられる。城尾容疑者は当初、選挙事務所の関係者らに取り押さえられたという。

 現場にいた男性によると、銃声は2発したという。また、伊藤市長が救急車に運ばれるところを目撃した男性は「ぐったりとして、何度も人工呼吸をしていたが、ぐったりとしたままだった。腹部が血のようなもので汚れていた」と話した。

 県警によると、伊藤市長の警備は本人からの要請がなかったため、特別にはしていなかったという。脅迫や嫌がらせなどの相談を受けたこともなかったという。

 一方、病院に駆けつけた長崎市議によると、伊藤市長は長崎大学付属病院の救急治療室で緊急手術を受けているという。

 伊藤市長は自民党の市議、県議を経て95年4月、「平和市長」として知られていた本島等氏の5選を阻んで初当選した。長崎市初の原爆投下後生まれの市長で、初当選直後までは「平和行政は、国がやるべき仕事。地方自治体が口出しすべきではない」と話していたが、就任後は平和行政に積極に取り組み始めた。

 当選から半年後には、オランダ・ハーグの国際司法裁判所大法廷に立ち、「核兵器使用は国際法に違反している」と涙を浮かべて証言。その後も、毎年8月9日の平和宣言で世界に向かって核廃絶を訴え続けてきた。

 市幹部ら周辺からは「被爆都市の市長という立場が、平和行政の重要さを自覚させた」と言われていた。
--------------------------------------------------------------------
(引用終わり)
 長崎市では、1990年にも当時の本島等市長が銃撃を受け、重傷を負いました。
 この時はいわゆる「天皇発言」をめぐってのものだとされたようでしたが、何にせよ暴力で
言論を封じようをするのは絶対に許されないことです。

 しかし今回の事件の背景や動機はまだわかりません。いずれにせよ凶悪な犯罪である
ことには間違いありませんが、続報を待ちたいと思います。


2007/04/18追記
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000021-jij-sociより
(引用開始)
----------------------------------------------------------------------------
長崎市長が死亡=銃撃で大量出血、意識戻らず-組幹部関係先を捜索・県警
4月18日4時35分配信 時事通信


 長崎市の伊藤一長市長(61)が銃撃された事件で、伊藤市長は18日午前2時28分、大量出血のため搬送先の長崎大学付属病院で死亡した。長崎署捜査本部は同日午前、殺人未遂の現行犯で逮捕した指定暴力団山口組水心会会長代行、城尾哲弥容疑者(59)について、容疑を殺人に切り替えて本格的な取り調べを始めるとともに、関係先を家宅捜索した。
 病院によると、市長は17日午後8時10分ごろ病院に運ばれた。到着時、既に心肺が停止しており、約4時間にわたる手術を受け集中治療室に入ったが、銃弾は右の心室を貫き、心臓が裂けている状態だった。右心室からの出血が激しく、1万1760ミリリットルを輸血したが、意識は回復することなく、一言も発しなかったという。
 捜査本部は18日早朝から長崎市内の水心会の事務所や城尾容疑者の自宅、車など関係先数カ所を家宅捜索し、詳しい動機を調べている。
 城尾容疑者は事件前、テレビ朝日(東京都港区)に市長を非難する内容の手紙を送っていた。テレビ朝日によると、同容疑者は同局の番組「報道ステーション」あてに封書3通を郵送。1通には「伊藤市長を許せない」などと記され、公共事業のトラブルや市の工事現場で交通事故を起こし自分の車が壊れたことをめぐり市長を非難する内容が書かれていた。しかし、犯行をほのめかす内容はなかったという。消印は15日付だった。 

最終更新:4月18日7時1分
----------------------------------------------------------------------------
(引用終わり)

残念ながら伊藤市長は亡くなられました。心より哀悼の意を表します。テレ朝あての封書の
内容では(もし内容が過不足なく本当であれば)殺人の動機としては到底納得できないもの
です。今後警察は真相の究明に力を尽くしてほしいものです。
[PR]
by imymegallery | 2007-04-17 21:55 | その他
丸1日鬱。
ゆうべはどうもいやな夢をみたようで、それと関係あるかどうかは
わからないが、今日は朝からずっと鬱だった。
何をしても、作業の能率がさっぱり上がらない。
そしてなんとなく、頭が重い。脳みそが沈んでいる感じ。

こういう時、下手な気分転換などをすると余計に鬱が悪化する。
典型的な鬱病の症状。
かといって、今日は昼寝もできなかった。

ようやく夜になったので、今日は寝ることにする。
この世の中には、やりたくないけど、やらなければならないことが
多すぎる。

もう、なるようになれ。
[PR]
by imymegallery | 2007-03-13 21:18 | その他
早く死なせてくれんかな
 私の病気を理解できない人はいくら説明しても理解できないのだ。そして同じ病気の人や
私の病気を理解できる人でも、実際に絵を描いている人となるとこれが見つからない。

 それはある程度推測できる。私の病気(鬱病など)の症状は絵を描くという行為を
できなくするものだからだ。すなわち
(1)鬱病の症状が出ると、なんにもやりたくなくなる。絵においても例外ではない。
(2)絵を描くために必要な持続力・集中力は、鬱病になるとかなり奪われてしまう。
ということだ。

 だから私は、病気のことを話せる友人と、絵を描いている友人を分けるしかなかった。
ところが、絵を描いている友人からは病的だと疎まれ、病気のことを話せる
友人からは活発過ぎてついていけないという。

 私はいつか海外へスケッチ旅行に行って、色々な 街並みや自然を描きたいと
思っているが、この病気で1人で行くのはとても怖いけれど、病気のことをわかって
くれて、なおかつ一緒にスケッチをしてくれる人を見つけるのは至難の業だ。
この夢を叶えることができないのならば、私はすごくつらい。

神様・仏様に、早く死なせてほしいと祈っている。そして、死んだら霊魂となって、
自由に飛び回りたい。生きるのは地面に縛りつけられているようなもの、もう
ごめんだ。
[PR]
by imymegallery | 2007-02-16 10:41 | その他
1/30付の投稿にあと少しだけ追記
 中国では、いわゆる「ひとりっ子政策」を1979年から始めており、
一部政策を変更しながら今日まで続いているようです。

ひとりっ子政策(公式には「計画出産」などと呼んでいる)の説明は下記参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A3%E5%AD%90%E6%94%BF%E7%AD%96
http://www.allchinainfo.com/profile/people/child.html

 この政策は当初の目標であった人口の伸びを緩和するのには効果が
あったかもしれませんが、一人っ子の家庭には奨励金や各種社会福祉に
おいて優遇されるのに対して、無断で第二子を出産したら罰則があるそうです。
この結果、戸籍に入れられなかった子が多数出たり、労働力が重視される
農村において女子の間引きなどが行われたりしたそうです。

 日本の政府も「少子化」ばかりに目を向けすぎて、上記のようなむやみに
「人口調節」的な政策に走ってしまうのは、勘弁してほしい、と思います。
私に言わせれば、人権軽視。
むしろ、昨年合計特殊出生率が2.0を突破して欧州トップクラスのフランス
から良いところを取り入れるべきでしょう。ただ、この背景には日仏の家族や
女性に対する考え方の違いもあるので、難しいかもしれませんが……。

フランスの出生率上昇についての参考
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20070129ik0d.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-01-19/2007011903_01_0.html

1/30の最初の投稿で私は、
>今の日本の社会は、産んでもイジメられたり、殺されたり、会社で過労死するの
がオチ。
と書きました。この思いは変わりません。
教育や医療、福祉、労働の問題などを総合して、生きるのがしんどいという人を
減らす方が大事だと思いますね。

まあ、この話はひとまずこれにて小休止。
[PR]
by imymegallery | 2007-02-02 13:48 | その他
追記:ここで怒らなければいつ怒る
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20070128/mng_____sya_____016.shtml
より
女性を「子どもを産む機械」にたとえたこの柳沢伯夫厚生労働相という輩はまるで想像力
も人権意識も貧困な輩としか思えない。
これは単なる「女性に失礼」とかいう問題ではない。
今の日本の社会は、産んでもイジメられたり、殺されたり、会社で過労死するのがオチ。
本来、アンタはそういう社会を改善するのが仕事だろうが。

アンタを産んだ母親は単なる出産する機械だったのか?
まずそういうことに思いをめぐらせることが出来ないようでは、大臣の職も国会議員
の職もクビにするしかないだろう。
[PR]
by imymegallery | 2007-01-30 14:35 | その他
あの時、私の安否情報も流れた
 昨日で阪神・淡路大震災から12年が経った。あれから
私の周りでは様々なことがあり、おまけに私自身、物忘れ
がひどくなったせいか(主治医によると、飲んでいる薬の
副作用もあるということだが)、覚えていることはほんの
少しである。でも、完全に忘れることはないだろう。

 私はこの大震災で大きな被害をうけた町で生まれたが、
当時はそこから遠く離れたある地方都市で働いていた。
地震自体はそこでもかなり強かったが、被害はなかった
のでいつも通りラジオを聴きながら朝食をとっていると
神戸や淡路島方面で大きな被害が出ているときき、
実家は大丈夫なのかと心配になりながら会社へ向かった。

 出社してしばらくは業務をこなしていたのだが、突然
同じ部屋にいる私の上司が「おい、いま○○○○
(私の本名)」を探していますって言ってたぞ!」と言った。
その職場ではいつもBGM代わりにラジオを流していた
のだが、安否の問い合わせ情報の放送で私の名前が流れた
のだ。私は上司に誰からの情報かと尋ねたが、私の名前に
だけ反応したのでわからなかったらしい。私は心配で仕事が
手につかないので、早退させてもらうことにした。

 早退して直ちに実家に電話した。つながらなかった。
親戚経由とかで聞いてみると、どうやら生存しているらしいとの
こと。そして夕方頃、ようやく家族と連絡をとれた。当時実家には
父と姉が住んでいた。そして実家近くの病院に祖母が入院していた。
みな無事だとのことでほっとした。

 その数日後の土日を使って、私は実家へ向かうことにした。
ちょうど、鉄道が私の実家の最寄り駅まで開通したというからだ。
私は被災地情報で水が不足していることを知り、単純な私は
自宅近くや駅前の店でミネラルウォーターのペットボトルを買い込み、
ショッピングカートにくくりつけて実家まで引っ張っていくこと
にした。どれだけ必要かも考えないで(- -; 

 実家に着くと父と姉、それに私と同じく実家を離れて働いていた兄が
いた。家じゅうのガラスというガラスがすべて割れており、柱が傾いていた。
寒い中、掃除などをしていた。父にペットボトルを渡したのだけれど
確か、どうしようかみたいなことを言っていたと思う。確かに数本では、
役に立ったかどうかわからない。とにかく家がこういう状態なため、
父と姉は地震直後から避難場所の体育館で寝泊りしていたという(ただ、
このとき私は大阪にある父が勤務していた会社の社宅で1泊した。そこも
老朽化していたので、床が傾いていたが)。

 その後祖母のお見舞いに行ってペットボトルを渡した。喜んでくれた。
ちょうど私のおじ(母の弟)が来ていて祖母の介護をしていた。

 震災当時のことで思い出せることはこれくらいだ。もっとじっくり記憶
をたどれば、まだまだ思い出せるかもしれないが……。でもあれから12年、
私の周りには色々なことがあり過ぎて、正直疲れているのである。自分に
鞭打って、生き続けているのである。

 あの時、誰が私の安否の問い合わせをしたのかは、未だわからないまま
である。
[PR]
by imymegallery | 2007-01-18 09:27 | その他