★Information
※頻繁に変更されますので、まめにチェックしてくださいね!

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ネタばれ注意「舞台芸術の世界~ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン」
今週の日曜日に京都国立近代美術館で「舞台芸術の世界~ディアギレフのロシアバレエと
舞台デザイン」展を鑑賞しました。ので感想を書きます。
この展覧会は京都では7月16日(月)まで開催され、そのあと
東京都庭園美術館(2007年7月26日(木)~9月17日(月))、
青森県立美術館(2007年9月29日(土)~10月28日(日))
へ巡回します。いま詳しい内容や批評を読みたくないという人はここ
から下は読まないでください。




--------------------------------------------------------------------------------
 20世紀初頭、興行主として名高いセルジュ・ディアギレフに関わる画家や文筆家ら
にが結成したグループ「芸術世界」によって、ロシアの先駆的な舞台芸術の試みがな
された。その中でも、1909年に旗揚げされた「バレエ・リュス」(ロシア・バレエ団)
は、音楽・美術・舞踊が一体となった総合芸術として、その後の欧米のあらゆる分野の
芸術に大きな影響を与え、今日まで語り継がれているという。

 私はバレエやオペラなどの舞台芸術に関しては素人である。だから最初この展覧会の
告知を知った時は、何故これが舞台芸術における「歴史的事件」なのだろうか、と疑問
に思っていた。

 その答えとして、アラ・ローゼンフェルドはこの展覧会の図録の中でこのような旨の
ことを言っている。それまでの舞台芸術は、伝統的・形式的な写実主義者の凝り固
まった概念によって舞台美術が作られており、例えば家具は客間でも貧しい男の家庭
でも同じもので、物語の背景や歴史的な文脈、何ら配慮が払われずにしばしば同一の
セットが使われていたのだ。
 それが、ロシアという国の歴史を土台とした新しいレパートリーの演劇やオペラが
上演されるようになって、衣装やセットを歴史の正確な解釈に基づいて衣装やセットを
デザインしたことでロシアの舞台芸術が発展しはじめたということだ。

 そして、才能のあるダンサー、振付師、前衛音楽家・美術家、が結集して作り上げた
のが「バレエ・リュス」という総合芸術集団なのであった。

 今回の展示は、舞台の映像記録がほとんど残されていないため、舞台や衣装のデザ
イン画、当時の衣装、記録写真、ポスターやプログラム、パリ・オペラ座の再現映像に
よる構成だったが、特に衣装やデザイン画は単独でも美しいものが多かったので、素人
の私でも見て楽しめるものだった。

そして、バレエ・リュスの大きな特徴として、同時期の美術やデザインのムーブメント
(アール・ヌーヴォー、未来派、ロシアン・アヴァンギャルドなど)と互いに影響を
及ぼしあっていたことがあげられる。

 特に、今回の展示でも多くのスペースを割いていたアレクサンドル・ブノワと
レオン・バクストという2人の美術家は、古典主義を受け継ぎながらより装飾的で、
華やかな色彩の衣装を作っている。レオン・バクストはデザイン画だけを見ても、
特に「『ディアナの踊り』の衣装デザインや「ワツラフ・ニジンスキーのための
衣装デザイン(バレエ『ナルシス』より)」など、生身のダンサーのための絵として
生き生きとした、美しい絵を描いている。

 そのほか、ジョルジュ・バルビエ、ロバート・モンテネグロの版画集は、どちらも
バレエ・リュスの天才的なダンサー、ワツラフ・ニジンスキーの官能的な魅力を
ビアズリーを思わせる耽美的な雰囲気を強調して描きだしており、私の目を引きつけて
やまなかった。また、イワン・ビリービンはロシア古来の美を追求した結果、歴史的な
深みのある衣装を作った。ナタリア・ゴンチャロワは、伝統的な文様と鮮やかな色彩を
大胆に用いた舞台デザインで独自の美を追求し、セルジュ・ズデイキンは彫りの深い
人物描写と大胆なデフォルメが印象的である(特に「衣装デザイン(ミュージカル
『クリスマスキャロル』より」の特徴ある造形はすごい)。セルジュ・チェホーニンの
衣装デザインは、幾何学的な図形を組み合わせて軽やかな造形美を生み出している。

 同時期の美術やデザインの影響がもっとも色濃く出ているのはポスターやプログラム
といった広告・宣伝のデザインであった。このように、舞台、衣装から広告、それに
単なる記録にとどまらない、舞台からインスパイアされたかと思うような写真集や
版画集や磁器に至るまで、優れた芸術を生み出したのが「芸術世界」であり、バレエ・
リュスであろう。

 当時の舞台の記録映像はほとんど残っていないので、展示室内には、のちにパリ・
オペラ座により再演された「薔薇の精」「ペトルーシュカ」「牧神の午後」が放映さ
れていたが、小さいか画質が良くないかで細かいところまでよく見えなかったのが少し
残念であった。ただ、ダンサーの素晴らしい舞踊など全体としては楽しめるものなので、
展覧会へ行った時は是非見てほしい。

 約190点もの「芸術作品」ともいえる資料を集めた展示には感嘆するしか
なく、私はこの豪華な作品にもっと長く囲まれていたかったと思うのであった。
[PR]
by imymegallery | 2007-06-27 23:37 | 展覧会の感想
ひたすらお絵描き中。
 6/15の手づくり市終了後、毎日お絵描き中である。これがまた
なかなか進まないのである。描いては消し、描いては消しを繰り
返している。かなり根気の要る仕事なのである。しかも制作の
様子は具体的に文章にして書くとあまり面白くなさそうなもので
ある(笑)。描いている本人はいったん集中すればもう無我夢中
になっているのだが。そして完成した時の、この快感がたまりま
へんなあ、って言っても何のこっちゃわからないだろう(笑)。

 幸いにして最近は減薬をしたにもかかわらず調子はいい。それ
にまあ、個展直前の時ほどの切羽詰まったものでもないので。

 しかし、本もなかなか読めないし(読みかけの本が鞄の中に入っ
ていて、外出時にバスや電車の中、喫茶店などで読んだりするのだが、
そんな時間は多くて1日数十分しかないので全然進まない)、
身体もあまり動かせていない。そろそろ今年もプール通いをしたい
のだが。

 よく考えたらあと2週間弱で6月が終わり、つまり今年ももうすぐ
半年を終えるわけで。
 今日急にそういうことを思ってしまい、月日が過ぎるスピードの
あまりの速さに戦慄を覚えた。もはや光陰矢の如しなどという遅さ
ではない。光陰光の如しだ。

 さてもうひと頑張りしよう。
[PR]
by imymegallery | 2007-06-18 20:15 | お絵描き
散歩に関する覚え書き(4)避難口有り
f0033442_2237250.jpg
 これも下記6/5付の食堂と同時に見つけた小さな入り口である。

 2つの建物が2階でつながっており、その下に出来た細くて
暗い通路である。

 そして入り口の左上隅に、文字が薄くなった「避難口有り」の
標識が……。

 通路の向こうにある空間の、いったいどこに避難口があるのだろう?
どうやって避難するのだろう?

 こっそり、入ってみた。

 通路を奥へ進むと、少し明るい空間があらわれた。だが狭い。
古びた家と家との間隔が非常に狭い。こんな所に避難するのか? 
家の前にはわずかな鉢植えと、錆びたポンプがあった。

 さらに奥へ進む。ますます家の間隔が狭まり、当然道も狭まった。
そして……行き止まり。

 避難口から避難できなかったとはこれいかに。
[PR]
by imymegallery | 2007-06-11 22:38 | 散歩に関する覚え書き
散歩に関する覚え書き(3)ビール 大 四五〇円 小 三〇〇円 御酒 四〇〇円
f0033442_18412094.jpg図書館で調べ物をして帰る途中に見つけた食堂。
頭に手ぬぐいを巻きつけ何故か金太郎みたいな前掛けをして
R&Bを歌う(嘘)タヌキの置物が皆様のお越しをウェルカムしております。

ちなみにここの定食は出し巻き定食390円をはじめ4~500円台の
大変お手頃な値段となっております。
今日は急いでいたので写真を撮るだけでしたが、今度ここに来る機会
があれば食べたいと思います。
[PR]
by imymegallery | 2007-06-05 18:42 | 散歩に関する覚え書き
ネタばれ注意「ヘンリー・ダーガー展」
先週の火曜日、デザイン・フェスタを終えて京都へ帰る途中に原美術館で
「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語-夢の楽園」展を鑑賞しました。
諸事情により書くのが遅くなりましたが、感想を書きます。
 この展覧会は7月16日(月・祝)まで同館で開催中です。いま詳しい内容や
批評を読みたくないという人はここから下は読まないでください。



--------------------------------------------------------------------------
 全15巻、約15000ページにも及ぶ小説「非現実の王国で」。そしてその執筆と並行
して長さ3m近くにもなる作品を含む数百枚の絵を、誰に見せることもなく半世紀
以上にわたって書き続けた孤高の人、ヘンリー・ダーガー。

 私は学生時代にアート・ランダムシリーズ(京都書院)でちらりと見ただけで、
長い間彼の名前を忘れていたが、いつものようにインターネットで美術館情報を
探していたらこの展覧会があることを知り、ちょうどデザイン・フェスタで東京
へ行くことになっていたので、その帰りに疲労を押して原美術館へ行った。

 小説「非現実の王国で」のあらすじは、悪魔を信奉して子供を奴隷にして虐待
しているグランデリニア国と、キリスト教を信奉する国々による連合国軍との
戦いを描いた壮大なスケールの物語だそうだ。そして、この小説の執筆と並行
してダーガーは、連合国軍の勇敢な少女の戦士たち、ヴィヴィアン・ガールズを
中心とした絵を描き続けた。それらは単なる小説の挿絵ではなく、ダーガーの
内部に広がる妄想、感情を紙いっぱいに描き尽くした世界なのである。

 ダーガーが描いた、繰り返される戦いと虐待そして殺戮を描いた絵、その中でも
輝き続けるヴィヴィアン・ガールズをはじめ、羊の角や蝶の羽根を持つ子供たち
の群れの絵、そして画面いっぱいに花が咲き誇る楽園の絵……それらを目の当た
りにして、人間の持つ憎しみや怒りなどの邪悪な感情や、子供たちを愛しいと
思うけれどもそれだけでは説明できない複雑な感情をこれらの絵に昇華したの
だろう、と思った。その綺麗な色彩と、細かく描き込まれた絵の数々は、ダー
ガーの全人生の結晶だと感じたくらいに私を圧倒するものがあった。

 ダーガーの小説と絵は、死ぬ直前に彼の住んでいたアパートの大家であった
ネイサン・ラーナーによって日の目を見たとのこと。私はアパートの一室に
こもって孤独を貫いて小説や絵を書き続けたダーガーの人生に生きる力、絵を
描き続ける力をもらったような気分になったと同時に、この偉業を後世に
伝えてくれたネイサン・ラーナーにも尊敬の念を抱いた。

 私は彼の世界を真似て描くことはできないし、彼の生き方も真似できないけれど、
彼の世界を垣間見て受けた衝撃は私の心の中でじわじわと大きくなっていくばかりだ。
[PR]
by imymegallery | 2007-06-03 23:06 | 展覧会の感想