★Information
※頻繁に変更されますので、まめにチェックしてくださいね!

やっと生きかえったということで皆既月食
f0033442_23415390.jpg
 今日は6年ぶりに皆既月食が見られるということで、
街灯が明るくてあまり星が見えないところに住んでいる
私は、京都市青少年科学センターの市民天体観望会へ
参加しました。

 今日は朝から曇り空で時折雨もぱらついていたので
行くかどうか迷ったのですが、夕方になって空を覆って
いた雲が所々切れてきたので、雲の間から見えることを
わずかに期待して行くことにしました。

 自宅から京阪四条駅までバスで行き、祇園名物壱銭洋食
を食べて気合を入れ、京阪電車で藤森駅下車、徒歩10分ほど
で科学センターに着きました。


 着いた時は既に10人くらいの人が建物の前にいました。その人たちと一緒に開場を待っていると地元の
NHKテレビの制作スタッフらしき人が3人きて「月が出てくる時間からみんなが望遠鏡を覗いているところを
生中継するから、誰かテレビに出たい人はてください!」と言ってきました。私はテレビには出たくないけど
望遠鏡は覗きたいと思い(笑)、目立ちたがりの子どもらの後について屋上へ上がりました。

 屋上へ上がると既に望遠鏡や双眼鏡がセッティングしてありました。そして制作スタッフから諸注意を受け、
私たちが望遠鏡の前に並ぶと撮影開始。この時は月が出てくる位置は完全に雲に覆われていて、全く出る
気配はなく私は後ろに並んでいた人のおしゃべりをぼーっと聞いていたのですが、「皆さん望遠鏡の前で月
が昇ってくるのを待ち構えております!」とレポーターの若い女性が元気はつらつとおっしゃっていました(笑)。

 で、テレビ中継とやらが終わると、プラネタリウムへと向かいました。今日は特別バージョンということで
月食についてあれこれとか、今日の夜空にはどんな星が出てくるかとか、科学センターの職員による解説付
で楽しみました。

 そしてプラネタリウム上映が終わると、再び屋上に出ていよいよ月食の観測に入りました。といっても
最初はまだ月が雲に隠れていたようなので先に木星の観測をしました。木星が出ている方角へ向けた3台
の望遠鏡の前にみんな分かれて並び、望遠鏡を覗いていきました。木星と、その左右に2つずつ計4個の
衛星が並んでいるのが見えました。

 みんなが望遠鏡を覗きながらわいわい騒いでいるうちに、ちょうど20時頃、皆既食に入った月が雲の間か
ら出てきたのを見つけ、今度は月が見える方角に向けた双眼鏡がセッティングされ、完全に地球の影に
入った月を観測しました。皆既食の月は暗赤色に見えるのですが、双眼鏡で見るとかなり明るい赤色~
オレンジ色に見えました。

 屋上にはもう1台望遠鏡があり、それにはカメラとプロジェクターがつながれ、大きなスクリーンに望遠
鏡に映っている像が投影されていました。ここにアップした写真は、そのスクリーンに映った皆既食の月
をデジカメで撮ったものです。直接撮るのは私のカメラではちょっと難しいのでやめました。

 今回の皆既食は約1時間半にもわたる長いものだったそうですが、雲と雲の間を何回も出たり入ったり
しながらだったので私が見ることができたのは正味10分ぐらいでしょうか。それでも双眼鏡や望遠鏡で
くっきりとした皆既食の月を観測できてよかったです。

 皆既食は20時22分頃終わり、その後は月が地球の影からみるみるうちに出てきました。このあとは自由
解散ということで、しばらくして私は科学センターをあとにしました。藤森駅へ戻る途中も、何回も月を見上げ
て、月食の名残を惜しみました。

 星を観測するのは、楽しいですよ。特に日食や月食、流星群や彗星などの天文現象の観測は、条件の
良し悪しがありますから観測できた時は嬉しいものです。これらの情報は、下記のサイトに色々載っています。

日本の天文情報 - JAPAN ASTRONOMY http://japan.astronomy.jp/
アストロアーツ http://www.astroarts.co.jp/
宇宙のポータルサイト UNIVERSE http://www.universe-s.com/
月刊天文ガイドホームページ  http://www.seibundo.net/tenmon/index.htm
[PR]
# by imymegallery | 2007-08-28 23:45 | その他の感想
【重要】当サイトをご覧の皆様へお願い
 昨日、クリスタ長堀アート&クラフトマーケットの出店中におきまして、
体調不良を起こし救急車にて病院に搬送されました。熱中症の症状が
出ていると診断され、病院で点滴を受けました。
 原因は展示作業中にはまだ会場の冷房が効いていなかったため、
汗だくになり水分を補給しても追いつかなかったためと思われます。
 点滴を受けてとりあえず回復しましたが、今日はずっと自宅で休養し
ている状況です。

 したがって当分の間無理がきかない状況なので、このブログの更新
ならびに記事へのレス、私あてのメールの返事が大幅に遅れる、また
は出来ない場合があるかと思います。

 皆様には誠にご迷惑をおかけしますが、どうか事情をご理解の上、
ご了承いただきたく存じます。
[PR]
# by imymegallery | 2007-08-19 13:57 | お知らせ
熱中症寸前。
 8/11~8/13に、旅行してきた。
 主な目的はお盆のお墓参りだったのだが、これが地獄同然
だった。

 11日のお昼頃に高松へ付き、バスとタクシーを乗り継いで
先祖代々のお墓があるお寺へ行った。快晴。早速水を汲んで
掃除にとりかかるが15分もしたら息があがってきた。これは
こまごまと掃除は出来ない、花を供えるだけで精一杯だと
思い、少し作業をしては木陰で水を飲んで休む、というのを
繰り返した。眩暈がする寸前で終わり、墓前で手を合わせた。

 お墓のある墓地は見晴らしも良く、太陽の光もよく当たる。
春や秋には気持ちいいかもしれないけれど、気温が35℃にも
なる夏や吹きっさらしの冬なんか、お墓の中の霊魂もしんどい
のではなかろうか。
 こちらも亡くなった先祖の人々を偲ぶどころではなかった。
[PR]
# by imymegallery | 2007-08-14 17:08 | お出かけ
バリバリ描く。
 昨日今日と、バリバリ絵を描いている。個展のための絵とか、コンペに
応募するための絵とか、描くものはたくさんあるので、ひたすら描いている。
こういう時は、ほかのことなんて一切やりたくないね。

 他の分野ではどうか知らないが、アートやデザイン関係のコンペは年齢
制限があるものが多い。学生向けはどうしようもないが、35歳以下とか40
歳以下とかの規定があるものは、出さなければ悔しいと思ってしまう。既に
35歳以下が応募条件のコンペには出せないので、40歳以下が条件の
コンペにはすべて応募するつもりで取り組みたいのである(40歳を超えると
応募できるコンペはさらに減り、ほとんど年齢制限なしと言ってよい)。この
条件のコンペに応募できるのも、あと2、3年である。これは何もコンペだけ
でなく、デザイン関係などは仕事でも、即戦力でも採用するのは40歳が
上限である。こちらが若いつもりでも、よほどの実力がなければ相手は
40歳以上の人間など単なるおばちゃん扱いするのである(同程度の
実力ならたいてい「将来性」などの理由で若い方を採用する)。

 若い人には、負けてはいられない。確かにこの分野では、若い人の創作に
かけるパワーや感性が重視される。だから、こちらも持てるエネルギーや
感性のすべてを注いでどんどん作品を作りたいと思っている。
[PR]
# by imymegallery | 2007-08-07 23:31 | お絵描き
ヒロシマ
今日は広島の62年目の原爆の日でした。

 私は中学2年生の時に、学年全員で校外学習と称して
1泊2日の日程で広島へ行きました。
 当時、私の中学では平和学習をかなり熱心にやって
いたように記憶しています。私も、図書館で戦争関係の
本を山ほど借りて熱心に読んでいたと思います。

 ただ、広島へは学校からバスで片道6時間もかけて
行ったので、見事に乗り物酔いをしてしまいました。

 だから現地では被爆者の方による体験談を聞いたり、
映画を見たり、原爆ドームなどを見学したりしたはず
なんですが、ほとんど覚えていません。少なくとも体験
談は覚えていたかったよなー、と後悔しています。

 その後、月日は流れ、5年ほど前に所用で広島に行く
機会がありました。日帰りだったため、滞在時間は短かった
ですが。
 いかにも戦後めざましく復興したという感じの立派な
街並みと、原爆ドームのそばを流れる川のほとりに座って
本を読んでいる人がいたりして、すっかり市民のいこいの
場になっているのだな、と思いました。と同時に、いつも
あのドームを間近で見ていたら、原爆のことを忘れるわけ
にはいかないだろうな、とも思いました。
[PR]
# by imymegallery | 2007-08-06 22:27 | その他
企画展・イベント参加のお知らせ
 8月に私が参加する企画展・イベントの開催日が迫って
きましたのでお知らせいたします。


●「夏★イロ色」展
日時:2007/8/9(木)~8/19(日) 12:00~20:00(最終日は19:00まで)
↑日時間違えてました! ごめんなさい!
場所:ONE PLUS 1 gallery(大阪市北区)
イラスト作家18名による「夏」をテーマにしたイラスト展です。
詳細は、ONE PLUS 1 galleryのサイトで。

●クリスタ長堀 アート&クラフト マーケット
日時:2007/8/18(土)、19(日) 11:00~18:00
※私が出店するのは8/18(土)のみです。
会場:クリスタ長堀(大阪市中央区)

クリスタ長堀へのアクセスなど詳細は、
CRYSTA Blog:Arts&Crafts Market をご覧ください。

どちらもパワーあふれる楽しい展示になることと思います。
夏バテなどの疲労回復にも効き目抜群でございます(笑)。
学生さんなど夏休み中の人もそうでない人も是非是非お越しくださいませ。
[PR]
# by imymegallery | 2007-08-02 21:29 | お知らせ
ネタばれ注意「"世代を超えて"いのちを考える-西村正幸とともに-」
今週の日曜日に伊丹市立美術館で「"世代を超えて"いのちを考える
-西村正幸とともに-」展を鑑賞しました。ので感想を書きます。
この展覧会は8月5日(日)まで開催中です。いま詳しい内容や批評
を読みたくないという人はここから下は読まないでください。




--------------------------------------------------------------------------------
 伊丹市立美術館は、美術と社会との関わりを考えることをテーマに、挿絵、特に
諷刺画のコレクションをするとともに、2001年から「いのちを考える」というコン
セプトで現代美術作家による展覧会とワークショップを続けているユニークな美術館
である。今年は西村正幸を迎えている。

 西村正幸は、聖書や現代の社会問題をモチーフとした作品を創っているそうだ。
今回の展示では、家族を主なテーマをしている。

 展示は2階の南北2つの展示室に分かれていた。まず南展示室から。「残された家族
(イラク・チルドレン#2)」は、家型・王冠型に切り取られた黒板を壁に配置し、以下の
ような説明をつけてあった。
「黒板に、チョークで、家族との楽しく平和な思い出を描いてみてください。描くとこ
ろがなければ、黒板消しで前の人が描いた絵を消してから描いてください。」
 その下にやや小さめの字でこう付け加えてあった。
「イラクでは、黒板消しで簡単に消せるように、(爆撃などによって)子どもたちの
いのちが失われています。」
 これを読んで、私は黒板消しを使うことができなかった。鑑賞者によって描かれた
人や動物たちの絵のわずかなすき間に、小さな女の子の顔を描いた。

「スターバト・マーテル」のシリーズは、#3;"ママ…パパ…"、#4;"涙の日"、
#5;"クライ・フリーダム"の3つの十字架の形をしたオブジェが印象に残った。桧の木
で作った十字架の中に電球を入れ、タイトルが書かれた和紙を貼った枠をかぶせて、
楠の枝を立ててある。墓標を思わせるこの十字架の中に、か細い木の枝を立てる
ことで、人の命のはかなさと、それでもなんとかして命のともしびを守ろうという、
祈りのようなものが表現されていると思った。

「カナ;2006年7月30日の記憶」のシリーズでは"消え失せた家族 #2"を見てショックを
受けた。家型の銅に緑青を塗りたくられた作品は、まるで大雨とともに何もかもが
消え去っていくように見えた。

 そしてまた家型の黒板が並ぶ。この「家族の記憶」シリーズにはこんな説明が
添えられていた。
「IRAQ BODY COUNT」のサイトで公開されているイラクで亡くなった民間人の最小限、
最大限の人数です。
 約1ヶ月前の死者のかずが毎日更新されています。
 米国政府が、テロリストを殺害したとして公表している内の多くは、民間人の
女性と、そして子どもたちと言われています。
 死者の数などカウントしたくありませんが、毎日数を書き替えています。」
 ちなみに私が見た時の人数はMin66807、Max73120であった。

 そしてその黒板の下の方には、日本国憲法第9条を書き写すための机があった。
 早速椅子に座って書き写してみた。
 私が条文を書いた紙は、ほかにここを訪れた人が同様に書いた紙とともに、
小さな紙に縮小印刷されて、あとで訪れる人が持って帰れるようになっていた。
 そこには、書くことによってこめられた様々な思いも集められている。


 北展示室は、ワークショップ「黒板家族を作ろう!」で作られた作品が
展示されていた。
 色々な大きさの黒板を作って、切ったりつないだりして家族や身近な人の
人形を作り、その人のことを思い浮かべながらチョークで表情を描き入れ、
自分だけの黒板家族をつくる、というものだった。
 作品を見て思ったのは、予想していた以上に力作が多かったということだ。
理由は、1つには家族の人数が随分多かったことがあげられる。4人や5人は
当たり前、動物や植物もいたりする。大家族が多かった。
もう1つは、家の内部まで作り込んでいる人がいたことだ。1階と2階を作り、
らせん階段でつなげるというのは、かなり工作が上手い人でないと難しいことだ。


 けして大きくはない展示ではあったが、コンセプチュアルで、しかも今の社会
問題に切り込んだ作品群であったため、色々と考えさせられるものがあった。
鑑賞してよかったと思う。

※IRAQ BODY COUNT……http://www.iraqbodycount.org/
 日本語による説明ページはこちら(「市民ライター通信」内のページ)
 http://www2.ocn.ne.jp/~mmwriter/new_ver/contents/IBC_background.htm
[PR]
# by imymegallery | 2007-07-28 23:03 | 展覧会の感想
[動画あり]祇園祭 山鉾巡行・神幸祭


「山鉾巡行」は祗園祭のハイライトと言える行事で7/17の午前9時に四条烏丸を長刀鉾を
先頭に出発、鬮の順に従って32基の山鉾が四条通、河原町通、御池通を巡行するものです。
途中で、鬮検め(くじあらため)、注連縄切り、八坂神社遥拝などが行われます。
四条河原町、河原町御池、新町御池の各交差点では大きな山や鉾は辻回しを行います。
辻回しとは角を曲がる際に路面に青竹を敷いて水をまき、その上に車輪を乗せて、10トンを超す巨大な鉾を徐々に滑らせるもので、巡行の見せ場のひとつです。

動画は長刀鉾の辻回しの様子を撮影したものです。少しずつ鉾の向きを変える様子が
見られます。




「神幸祭」は山鉾巡行と同じ日の夜に行われ、八坂神社の祭神が神輿(みこし)に乗り、氏子地区をよりながら四条寺町にある御旅所に渡るものです。夕方、八坂神社の前の石段下に3基の神輿(みこし)が集結し白い法被姿の担ぎ手により一斉に差し上げられ、また肩に担いだまま回転させる「差し回し」をして、神輿を激しく揺さぶり「ホイット、ホイット」のかけ声とともに、それぞれ分かれて祇園地域や河原町通の氏子地区を巡ります。
 朝の「山鉾巡行」の上品さ、優雅さと対照的に、この「神幸祭」は大きな掛け声が響きわたる勇壮な祭りです。
 祇園祭は神輿の神事と山鉾の行事が一体となって成り立っています。神輿は神幸祭で氏子地区の疫病退散を祈り、約1キロ西の御旅所にとどまり、還幸祭(24日)で再び神社に帰ります。

動画は、前半部分が差し回しの様子、後半部分が氏子地区へ向かう様子です。
[PR]
# by imymegallery | 2007-07-20 10:28 | お出かけ
[動画あり]祇園祭・宵々山(2)


まだ空が明るいのにこの人出です。その後、日が暮れたらさらに人、人、人。
向こうに見えますのは多分、月鉾です。
祇園祭の説明その他は、http://www.gionmatsuri.jp/
を参照してください。

いつものくせで、ついカメラを縦にして構えてしまって、またもや編集に苦労して
しまいました。
動画が縦方向に押しつぶされたような画面になり、歩いている人は全般にちょっと
太ってしまいました(笑)。

一応YouTubeにもアップしておきました。

http://www.youtube.com/watch?v=TjM3xIGbRvo

この動画につきましてはこの後mixiへのアップロードにも挑戦してみます。
[PR]
# by imymegallery | 2007-07-16 10:03 | お出かけ
[動画あり]祇園祭・宵々山


放下鉾は、祇園祭の山鉾の一つ。鉾の中で御囃子を鳴らしています。
祇園祭の説明その他は、

をご覧ください。

今日始めて私のデジカメの動画機能を使って、帰宅後編集しようと
思ったんだけど、動画のファイル形式がmovだったこともあってか
非常に手こずり、こんな時間になってしまいました。

ここと、一応Youtubeにもアップしました。

http://www.youtube.com/watch?v=sTayreBMrzw

今日は動画アップだけでお許しを。(とかいって、おまけレポートが出来るかどうか
わかりませんが。とにかく疲れました。おやすみなさい。)
[PR]
# by imymegallery | 2007-07-16 01:09 | お出かけ