★Information
※頻繁に変更されますので、まめにチェックしてくださいね!

2007年 11月 03日 ( 1 )
散歩に関する覚え書き(6)天然温泉の湧き出る銭湯
f0033442_2341924.jpg 以前、近所のスーパー銭湯の感想を書いたことがあるが、実はあれからしばらくして、普通の銭湯から京都市内でトップ
クラスの泉質を持つ温泉が湧出した。それが今日訪ねた「天然温泉 天翔の湯 大門」である。

 私はつい最近そこを知ったのだが、普通の銭湯と同じ大人390円の銭湯だし、
小さくて休日は混むかなあと思って、なかなか行けなかった。しかしここへ
きて一度リフレッシュしたいと思い、近くで安上がりなこの銭湯へ行くこと
にした。

 西大路七条バス停から七条通を西へ歩く。ごく普通の街並み。途中に3年ほど
前に骨折した時にお世話になった病院があり、この道はよく通った。またこの道を
歩くとは思ってもみなかった。
 300mほど歩くと到着。外見は普通の民家同然である。看板と、こじんまりとした
入り口にかけられた「ゆ」の暖簾がなければ見逃してしまうところだった。

 建物の前には十数台自転車が並んでいた。駐車場は見ていないが5~6台
くらいしかとめられないらしい。

 中に入って靴を下駄箱に入れ、番台横の券売機で入浴券を購入して番台にいる
女性に渡し、脱衣場、そして浴室へ。洗い場が20人分近くあり、うちの近所の
銭湯よりやや多いが、まあ昔ながらの銭湯のつくりである。泡風呂、ジェットバス、
水風呂といった内湯は普通のお湯である。その浴室の奥のドアを開けると
露天風呂が現れる。ここに温泉が使われている。

 全国の「温泉」と名の付く施設の中には塩素などを入れて消毒している所も
あるため、消毒臭(キツイのになるとプールみたい)がツンとするものがある。
しかしここの温泉は源泉を掛け流しているためもちろんそんな臭いはない。
赤茶けた石の浴槽、塩味と苦味のある湯、すべすべしてくる肌。

 そして何より良かったのは、この泉質(ナトリウム-塩化物泉)の温泉は
保温性が高いので湯冷めしにくいことだ。

 新たな楽しみをまたひとつ見つけた。
[PR]
by imymegallery | 2007-11-03 23:06 | 散歩に関する覚え書き